JH3DRN 趣味の徒然

主にアマチュア無線、電子工作について書いてます.

Nutanix CE 2.0 AOS 6.5.2 インストールする;その壱

経緯

遡る事10年ちょっと。当時勤務していた情報システムグループでHCI(ハイパーコンバージド・インフラストラクチャ)を検討しており、当時それなりに使えそうなアプライアンスとしてNutanixが候補に上がって検討したのが切っ掛けだった。この件については導入が正式決定されて無事導入&稼働する事が出来た。そんな事で興味を持った小生はNutanixのお試し版?とも言える"Nutanix CE" これはライセンスフリー(使用登録は必須)で使用出来てNutanix商用版の機能をある程度体験出来る物で、これを2015年当時から自宅のコンピュータにインストールして実験していた。で、今回2023年に2年ぶりにリリースされた "Nutanix CE AOS 6.5.2"を新たに自宅PCにインストールする事にした。今まで何回か(幾つかのバージョンを)インストールしてきたのだが、その都度手順を忘れているので今回は備忘の意味も有って掲載する事にした。

Nutanix CEって何??

Nutanix って平たく言うと VM Ware や Hyper-V の様な仮想サーバを提供するOS見たいな物と言ったら良いのか?(詳しくは検索してください)VM Ware も Hyper-V も購入するとそれなりの価格が生ずる。対して Nutanix CE は無料で使用出る。(本来の目的は、 商用版のNutanix を購入する際の判断材料となるべく提供されているとの事だ)
「そんな物を個人で使用するメリットあるの?」見たいな疑問も有るが、私が使っている理由はこちら

  1. 単純に技術的興味がある
  2. 様々なLinux が簡単にデプロイ出来て試せる
  3. インストールしたOSのクローンが簡単に作成出来る

私の例で言うと、Nutanix CE 上に、CentOS7, Ubuntu 20, 24 , AlmaLinux8, Windows etc を構築していて必要で有ればクローンを作って保存して再インストールを最小に抑えて作業が出来ている。こう言う事は物理ハードウェアにOSをインストールしていては出来ない事で非常に便利に使っている。

インストールの準備

必要な物は

  1. 下記スペックのパソコン
    1_1. CPU コアが2つ以上(4個以上が望ましい)
    1_2. メモリは64GB以上
    1_3. SSD256GB 以上が1台
    1_4. HDD 4TB以上
    1_5. NICインテル:少し前に発売された物が安全

  2. 16GB USBメモリ 2個(出来ればUSB3.0が望ましい)

  3. インストールUSBを作成するWIndows PC
  4. 下記サイトからNutanix CE のイメージをダウンロードする

Nutanix CE 利用登録
Nutanix CEのダウンロードサイト

利用登録には勤務先のアドレスが必要であり、個人では利用出来ない??かも知れない。で、登録するともれなく?営業の電話が掛かってくると思います(笑。
NICに関して言うと以外とサポートされていないNICが有るので、インテルの有名な物が安心かと思う。メモリについてはCVMと呼ばれるコントローラーが20GB消費するので、搭載するVMの数に応じて搭載する事をお勧めする。(私は96GB搭載している)

インストールUSBを作成する

作成するUSBメモリは2つ

  1. Nutanix CE イメージを格納したUSB
  2. ブート用のUSBメモリ

何れのUSBもWindows PC で作成する必要がある。

  1. に関してはRufus と言うツールで作成
  2. に関してはWindows 標準のフォーマットで対応する事が出来る。

ISOイメージを書き込む際の注意点

  1. ボリュームラベルを「PHOENIX」とする
  2. ファイルシステムは「FAT32」とする
  3. クラスターサイズは「32キロバイト」とする

Rufusのダウンロードサイト

Nutanix CE イメージ作成設定:Rufas

Boot用USBに付いては

  1. ボリュームラベルを「AHVBoot」とする
  2. ファイルシステムは「exFAT」とする
  3. アロケーションユニットサイズは「128キロバイト」とする

Boot用USBのフォーマット画面

2つのUSBメモリが出来たら対象PCに装着して電源を入れてインストールが開始されるのだが、その様子は次回、公開させて頂きます。

ExpertSDR3 V1.0.8 beta リリース?

2024年5月なんですけど?

少し前にEE社のHPから「2024年5月にEESRR3 正式バージョンをリリースする」旨の告知が消えていて??と思っていたら、今日(2024/05/31)Ver1.0.8 beta がリリースされていた。まあ、色々有って時間切れになって、取りあえず現状バージョンをリリースしたと思われる。バージョン画面はこちら

EESDR3 Ver 1.0.8
. ファームウェアのアップデートも無いのでマイナーバージョンアップだと思われる。早々にDWしてインストールしてみたがFT8で使っている分には不具合はない。リリースノートから更新情報を垣間見るとこんな感じ

新機能

  1. E-Coder/E-Coder2にモニタリングの有効/無効を切り替える機能を追加。
  2. パノラマの表示スポット数の上限が500に増加(スポットが多いほどCPU負荷が高くなる)
  3. 最大スポット寿命が60分に増加
  4. E-CoderまたはE-Coder-2でチューニングする際、RITおよびXITのチューニングステップが10Hzまたは1Hzになりました。
  5. SPLIT ボタンを 2 回目に押すと、TX 周波数は VFO A に戻る。
  6. ExpertSDR3 をもう一度起動すると、最初のインスタンスウィンドウが開きます。 最初のインスタンスウィンドウが表示されます。
  7. RadioSpotユーティリティのデフォルトサーバーのtelnetポートが23になりました(telnetの標準ポート)。もし ポートなしでtelnetアドレスを指定した場合、RadioSpotは自動的にポート23を使用します。

バグ修正
1. Linux OSでソフトウェアのスケーリングが正しくない. 2. 送信セッションの後、TCIがマイク入力としてロックされることがある。
3. SunSDR2DX で IP アドレス変更後に発生していた問題を修正しました。
4. トランスバーターバンドのアンテナポート初期化
5. TCI による周波数調整

そろそろスケジュールを明確にして欲しいなあ

元々、2023年のクリスマスに正式版をリリースするとアナウンスが有って、その後「やっぱり2024年5月だよ」とのアナウンス。で、5/31にいきなりV 1.0.8 のリリース。。。「説明不足じゃね?」と思うのは私だけ? EE社の状況も理解出来るし、そんな簡単に機能を実現できない事も理解しているけど、狼少年は今度で終わりにして欲しいと思っている。

思うこと

EESDR2が良く出来ていただけに、未だに3へ更新していないユーザーが一定数いる事は分かっている。確かに、デジタル通信以外で考えれば Ver2 も優秀だと思えるがデジタル通信に関してはVer3 の方が勝れていると言うのが私の考えだ。早い時期にファイナルリリースされる事を心から切望する次第である。

DXCC 関連で最近の諸々話

FT4GL グロリオッソ島

何と言ってもホットな話題はこのペディッション。5/24 〜 6/19までオペレートされる様で既にQSOされたOMも多いかと思う。私は10m、15mでQSO出来てログも上がっていたので一安心。ネットでは、「RR73が返らない」「F/H MSHV どっちなんだ!?」みたいな声があるがJAのパイロットである JJ3PRT 青木氏のブログによるとこんな感じらしい。

  1. 今回のペディッションのオペレータは FH4VVK Marekさんが1人で行っている
  2. 1人での運用の為、同時にオンエアするのは2バンドとなる
  3. MarekさんはCWが苦手なので運用しない
  4. 当初F/H運用とアナウンスしていたが、MSHV での運用に切り替えたので指定周波数内であれば何処で呼んでも良い
  5. 確実にFT4GLとQSOしたのにClublogに掲載されていないというクレームを数件受領しました.。FT4GLのロギングシステムに何か不具合があったのだと思います。超多忙の現地OPにログの修正をするのはほぼ不可能ですので、再度QSOされてください
  6. 送信出力は、10mから20mでの最大出力を300Wにアップした

こんな所かな

ClubLog で確認出来た!

因みに私、事前にドネーションさせて頂いた(10€)何でもドネーションしてログが上がれば自動的にLOTWにアップしてくれる&紙QSLが送られてくるとの事で期待している

LOTWがダウンしている件

5/15からLOTWサイトがダウンしている。原因はコンテストログが大量にアップロードされた為で恐らく、DDOS攻撃を受けた様な状態になったと思われる。ARRLは「LOTWの情報は決して崩壊していない」とアナウンスしているが、復旧の目処は立っていない模様。ARRLさん 頑張って復旧お願いします!

18MHz, 24MHz 運用について

少し前の記事で「トライバンド八木に無理矢理24MHzを乗せた」と書いたが同様に18MHzも乗せてみたら、、何とかSWRが1.3 程度まで下がってJポールアンテナよりも良く聞こえる(見える)ので18MHzも八木で運用する事にした。で、それなりにQSO出来ていてDXチャレンジが710位まで増やす事が出来た。DXチャレンジ1000って、異なるバンドで1000エンティティQSOしなければならず、普通に考えたら200エンティティで5バンドQSOしないと達成出来ない。これって、WARCバンドでQRVしないと無理だよね。

太陽フレアの話

確か 5/11 (若しくは5/10)だったと思う。土曜日で休みだったので10時位に無線機の電源を入れたのだが、全く何も聞こえない(見えない)「アンテナが壊れたか??」「無線機が壊れたか??」と思うほど静かでこんな現象はカムバックしてから経験した事が無かった。後で太陽フレアの大量発生とのニュースをみて納得したのだが、実体験するとは思わなかった。因みにこの日は6mでJAの局10数局と交信出来ました。皆さんHFに見切りを付けて6mでオンエアされたのですね。

追記 2024/06/02

先に書いたJAのパイロット 青木さんのHPからの情報によると、「チーム協議の結果 6/2 02UTC 以降 FT8の運用はWSJT F/Hで行うので 1000Hz より上で呼んでください」との事です。ご注意ください

ウィキペディアからメールが来た

経緯

私は昔にソフトウェアの開発をやっていた事も有って、コードを書く人、書いたアプリを公開する人達に対してシンパシーを感じる傾向にある。そんな訳で、メールソフトウェア:サンダーバードウィキペディアに対して年間で少額ではあるがドネーションをさせて頂いている。そしたら今日ウィキペディアからメールが来た。それがこちら

ウィキペディアからのメール
.

ドネーションする人 2%

文面を見て驚いたのが、ドネーションする人は利用者の2%との事。多いか少ないかは判断によるが私的には「もうちょっと、払ろたれよ!」って感じか。勿論今年も去年と同額ドネーションさせて頂きました。

紙QSLがLOTWに反映された

経緯

少し前の記事にも書いたが、紙QSLをLOTWに登録して貰う手続きに、今年の2/16にJARLへ伺ってDXCCフィールドチェックをお願いした。JARLからARRLへデータが送られるのは月2回との事でいつ頃反映されるのかは正確には分からないとの事らしい。(因みにローカル局が紙QSLを直接ARRLに送った所、3ヶ月程度掛かったとの事)

無事登録された

で、今日(4/14)ARRLのページで確認した所、登録されていた。詳しく見ると DELETED の沖縄も登録されているので間違いないと思う。今日の状況がこちら

2024/04/14 JH3DRN DXCC状況

今まではデジタルで申請していたのだが、Pnone、CWで DELETED エンティティが3つ程あるので今後は Mix で申請しようと思う。

ついでにWASも

少し前にWASが完成していたのでこれもついでに申請しようと思う。皆様と同じく、DE州が最後に残って KA3ZLS 局との交信で完成した次第で、こちらはデジタルで申請かな。

WASの状況

次は275

250の次は275エンティティとなるが、結構ハードルが高そうだ。私の設備は前にも書いた通りなのでさほど強力では無い。持てる設備で挑戦するのが醍醐味だと思って頑張って楽しむつもりである。

トライバンド八木に24MHzを無理矢理乗せる !?

経緯

私のHFアンテナ設備は、3バンド八木ビーム(14, 21, 28MHz: TA-341:20mh )と J-Poleアンテナ(3.5〜50MHz: 10mh )で、当然の事だが、ビームアンテナは安定して飛んでくれている。それに反してJ-Poleアンテナは地上高も低く飛びは悪い。最近結構レアなエンティティがWARCバンドでオンエアすることが多い & 運用する局が比較的少ないので交信出来る可能性が高い事が分かった。受信していて分かったのだが、24MHzにおいて受信状況を比べて見ると、明らかにビームアンテナの方が良く聞こえる(見える)が、送信は出来ない。(SWRが高い:マッチングが取れていない)J-Poleの方はマッチングは取れてSWRが低いので送信は可能ではあるが、明らかに受信感度が悪い。我が家のアンテナがこちら。

JH3DRNのアンテナ群

アンテナチューナ

私のメインリグは SunSDR2DX であり専用のアンテナチューナ(AAT-100)も持っているのだが、自動チューニングの為コイルが入ったアンテナでは同調出来ないケースが多い。現にリグを24Mhzに設定して、自動チューニング:AAT-100経由で、ビームアンテナに給電してもSWR値は大きく、送信する事は出来ない。実はアンテナチューナはもう1台持っていて、こいつはレガシーな、全て手動でチューニングを行う代物である。(クラニシ製 モデル NT-616)で、こいつを使って無理やりトライバンドビームで24MHzが運用出来ないかと試行錯誤した所、まあまあ簡単にSWRが1.3程度まで下がる事が分かった。アンテナチューナがこちら

SunSDR2DX 専用 AAT-100オートアンテナチューナ

ラニシ アンテナチューナ:NT-616

使ってみたら

そんな感じで使って見たらそれなりに使える。まあ、考えてみればリグを騙して無理矢理アンテナに電波を乗せている訳で、アンテナチューナで不整合分を処理しているのでちゃんとしたマッチングでは無いのだが、SWRが低いので安心して送信出来るメリットは有る。さらにJ-Pole アンテナより受信感度が勝る事を考えると、こんなのも有りでは??と思う。送信時の状況がこちら。

JTDXでの送信状態

そんな訳で24MHzは3バンドビームで運用出来る様になった。それで味を占めて18MHzのどうか?と試したみた所、24MHzよりかなりシビアなチューニングが必要ではあるが、「運用出来無くは無い」と言う事が分かった。ただ、24MHzの方が受信状況やチューニングの容易さを比べると18MHz は微妙なので当面は運用しないと思う。ともあれ、3バンドビームユーザーは多いと思うので、ご参考になれば幸い。

K3NG CW Keyer を作る:おまけ編

ケースに余裕があるので

前回の投稿で K3NG Keyer は終わりにするつもりでいた。ケースに入れてみるとそれなりの見栄えが実現出来て満足なのだが、少し大きめのケースだった為 空きスペースが結構有って「部品が幾つも入りそう」と思ったのが今回の発端

ストレートキーも使うので

私は基本的にはエレキーなのだが、少し前にバグキーに凝った事が有ってまあまあ高価なバグキー(Begali Intrepid)も所持している。通常、ストレートキーとエレキーを使い分ける場合には送信機のCW入力コネクタにキー側のコネクタを差し替えて使う事になると思うが、送信機のCW入力って、大体後ろ側に設置されている為コネクタの差し替えが面倒である。それで、K3NGの説明を見ていたら「FEATURE_STRAIGHT_KEY」と言う項目があった。ネットで調べてみると余っているArduino入力にストレートキーを接続したらエレキーと同時に使えると言う事らしいのでこの機能を実装してみた。因みにバグキーはこちら

Begali社製 モデル " Intrepid "

ストレートキー対応

ストレート対応に必要な作業は
1. エレキー基板の "D8" とグランド間に0.1μF のセラミックコンデンサを接続して、この2点を端子化 & ケース背面のコネクタに接続する
2. keyer_features_and_options.h , keyer_pin_settings.h を以下の様に変更する

#  key_pin_settings.h の変更箇所  

#ifdef FEATURE_STRAIGHT_KEY
//  #define pin_straight_key 52
  #define pin_straight_key 8 → ストレートキーを接続する端子番号を変更する
#endif //FEATURE_STRAIGHT_KEY  

# keyer_features_and_options.h の変更箇所
# 下記の行を有効化する

#define FEATURE_STRAIGHT_KEY
#define FEATURE_STRAIGHT_KEY_ECHO

D8, GNDを基板から取り出す & ケース背面に入力コネクタに取り付けたのがこちら

エレキー基板から D8 , GND 信号を取り出してケースのコネクタに接続

写真左下に見える白と緑のワイヤが、基板の D8, GND に接続されていて、ケースのコネクタと繋いでいる。こんな感じでハードが整った所でコンパイル、正常に通って無事正常動作した。確かに便利 繋ぎ替え無しでエレキーとストレートキーが使える!

スピーカ & アンプ

折角ケースに入れたのでスピーカも上面に取り付けたいし、アンプもまともな物を。と言う事でこんな感じで組み込んだ。

アンプとスピーカを上面に取り付けた様子
使ったアンプ 2.6cm角 の大きさ
音の大きさも自由に変えられるし、音もスピーカをケースに入れる事で聞きやすい音になったと思う。使ったアンプはヤフオクで良く出品されている、4個で¥1000 位の物。こう言う用途には十分使える。で、完成した正面がこちら
スピーカとアンプを取り付けた ケース正面
色々楽しませて貰ったが本当にこれで一件落着としたい。設計者のK3NG-OM、基板を領府頂いた JH1LHV-OM 有り難うございました。

総括

今回作ってきた中で色々思った事があるので少し
1. 何と言っても自分が作ったエレキーが実戦で十分使える & 恐らく世にあるエレキーの中でもトップクラスの性能である事が嬉しい
2. 製作が容易で再現性が高い。領府頂いている基板の再現性が高いので、Arduino が使えてある程度自作経験のある方ならば製作が可能
3. 実使用状態で 開発環境:IDEと 接続してバージョンアップが可能。(このメリットは大変大きいと思う!)
4. ケーシングに関して、特殊な部品は必要ない。ただ、穴開けはある程度の経験が必要かも
5. ケーシングする事で操作性が向上する(自画自賛??)
6. 変換コネクタを使用する事でUSBキーボードが接続&使用出来る。( 他には無い特長!)