JH3DRN 趣味の徒然

主にアマチュア無線、電子工作について書いてます.

JARLへ行って来た!:紙QSLをLOTWに反映させる

経緯

2020年にアマチュア無線にカムバックして今日まで(2024/02/15現在)DXCCを追いかけた結果Degital でのコンファームが241エンティティとなっている。これはまあそれなりの結果だと思うが、実はその昔にもDXCCを追いかけていた時期(1970年代)があってその頃にQSOしていて、今日の時点でまだコンファーム出来ていないエンティティが幾つかある。また、最近のQSOでも「紙QSLのみ発行するよ」的な局との交信があって、合わせると10局程度ある事が分かっていた。で、この紙QSLをLOTWに反映するにはどうする??との課題を暫く抱えていて今回、解消すべく動いた結果を記する。

紙QSLをLOTWに反映する方法

色々調べた事と今回JARL訪問で得た情報によると、次の3つ位方法が有りそうだ。

  1. ARRLへ直接紙QSLカードを送ってフィールドチェックをして貰う
  2. JARLでフィールドチェックをして貰う (対面 or 紙QSL郵送)
  3. DXCC OnLine にQSOを登録後にJARLでフィールドチェックを受ける

一般的には 2. か 3. になると思う。2. 3. の違いはと言うと、、DXCC OnLine で登録すると、QSO情報が予めARRLに登録されているので、フィールドチェックの結果がOKであれば即時にLOTWに反映される事。2. の場合はJARLから書類がARRLに渡った後、ARRLの職員さんが紙書類をみてデータベースにQSOを入力されるので時間が掛かるとの事。つまり、 3. の方が 所要時間が短いとの事だった。因みに費用は変わりないらしい。

申請方法

DXCCフィールドチェックを受けるのに必要な書類に付いて少し。必要な書類は、
1. DXCC AWARD APPLICATION
2. DXCC Record Sheet の2つ。何れも下記URLからダウンロード出来る

https://www.arrl.org/files/file/DXCC/dxccapp.pdf

PDF形式なのでダウンロードして自筆で記入してもいいが、私はVisio使いなのでPDFを背景にして、前景にデータを記入して作成した。記入例を下記する。

申請書の表紙
QSOデータを記入する用紙

表紙の記入注意点は
1. 中段下の「サイン、、」の部分は必ず自筆で記入する
2. 上段の New Award, Endorsement の部分は分からなければフィールドチェック時に聞く
QSOデータに付いては
1. 記入はバンド別、モード別に記入する
2. Country Name はDXCCリスト等で正確に記入する ( もし間違っていてもフィールドチェックで直してくれるので心配無いが、記入時にチェックした方が良い)

私の場合もこの CountryName が結構間違っていて修正頂いた。こう言う修正が有るので出来る事なら対面のフィールドチェックをお勧めする。今回は「JARLへ行く!」と言う目的も有って対面とさせて頂いたが結果的には良かったと思う。

JARL大塚駅南口

JARLは12,3年前に巣鴨から大塚へ移転されたとの事。アクセスは大塚駅南口から徒歩5分程の距離でコンビニが入っているビルの6階にある。屋上のアンテナとビルのプレートがこちら。

JARLが入っているビル屋上のアンテナ
ビルの案内版

審査結果

今回は対象QSLカードが20枚で審査時間が約20分。審査結果がこちら

審査結果
これで多分3ヶ月程でLOTWに反映されるはず。その頃にはペディでゲットしたエンティティと合算で250に到達しているはず(だったら良いな) 今回は本当に良い経験をさせて頂いた。JARL & 審査員の先生、有り難うございました!。

蛇足

実は今回訪問したJARLのほんの少し先に(今は無いが)四十数年前に勤めていた会社が有った。今回の大塚訪問は多分30年ぶり位だったが、嬉しい発見が2つ。当時良く通っていた洋食店「ABC」と、給料日にしか行けなかった焼き肉店「山水園」がまだ有った事。次回は是非訪れて見たいと思った。

洋食屋「ABC」
山水園の看板

昭和43年頃の通信教育テキスト:電話級

経緯

DXCCの申請で昔の紙QSLをLOTWの反映する申請の為、最古のログを探していた所懐かしい物が見つかった。私が12才の頃に電話級アマチュア無線技師の試験を受ける時に受講した通信教育のテキストである。この頃、試験はまだ記述式だったのでそれなりに難しかったと記憶している。で、テキスト全景がこちら。

昭和43年頃の通信教育:電話級のテキスト達

添削資料

少し見たのだが結構難しい事やってるなあ、って感じ。12歳にしてはあっぱれかなと思う。(昔の私を褒めてやりたい!)そんな添削資料がこちら。

添削資料の一部:頑張ってたんだねえ〜

こう言った資料の取り扱いについて

今回に資料に限らず私&OM諸氏がお持ちの資料を何とか後世に残したいのだが、、色々難しそう。

ExpertSDR3 Ver 1.0.7 Beta リリースされる

今年初めの記事

気がつけば1月も終わろうとしていて、ちょっとびっくり。特にイベントも無かったので記事を書くことが無かったが、考えて見れば1月は1本も書いてない!!流石に拙いと思いやや日にちが経っていて余りぱっとしないが、、書いてみる

今後のリリース スケジュール

年末のクリスマスに ”正式版がリリースされるか!?” と期待していたのだが、リスケとなった様で ”2024/5に正式版をリリースするよ” とのアナウンスがあった。”何だ5月まで待つのか” と思っていた矢先の1/12 になんと V 1.0.7 がリリースされた。その前にリリースされた V 1.0.6 はEコーダーが使えなかったのでパスしたが、1.0.7 は如何に?

主な機能追加
・ドライブスライダーを右クリックすると、チューンスライダーの値がコピーされる
・TCIのバージョンを2.0に変更した。(1.10と変更はない)。

どうと言う事無い機能追加って感じ

バグ修正点
・MB1において、60Мまたは11Мバンドが有効になっている場合、フロントパネルのボタンによるバンド選択が正しく動作しない。
・RadioSyncの場合 - CATを使用したRIT機能の制御が正しくない。
・ExpertSDR3 - CW から AM に切り替えたとき、RX 信号が失われることがあった。
・ExpertSDR3 - マイク選択がTCIでスタックすることがあった。
・マイクが信号源として選択されているとき、TCI - TRXコマンドが第3引数で動作する。

これもあんまり関係無い感じ

使ってみて

問題なく使えている。周辺アプリも問題なし。EコーダーもOK と言う訳で1/12~今日(1/31)まで毎日使っているが問題は発生していない。このまま5月まで行くのか?何処かでマイナーアップがあるのか。期待しないで待つ事にする。

ExpertSDR3 Ver 1.0.6 Beta リリースされる (2023/12/28)

FBの予告では

少し前に書いたが、FBでは "12/29に何かリリースするよ” と予告が有ったのだが今日(12/28:夕刻)HPを見てみると何と、1.0.6 が公開されていた。何なのかなあ?? 1日早まったのか?、予告の日を間違えたのか?、明日もリリースするのか? 答えは明日まで待つ事として、例に寄って人柱としてダウンロードしてインストール

問題発生

ダウンロードしたファイル ExpertSDR3 1.0.6 beta macOS.dmg" をクリックして開こうとするとこんな画面が表示される

macでDLしたファイルを開いた所
まあ、何時もの様にコマンドラインで "xattr" たたけば動く、、、と思って色々オプションを付けても全く駄目。macOSが新しい(14.1.2)事が原因なのか?分からない。1時間程度試したのだが駄目で最後の手段として、mac上の仮想で構築したWindwos11 でダウンロードした所、、動いた。(下記画面)
WindowsでDLして実行した状態
以前もこんな事が有ったが、その時は xattr コマンドで属性を変えれば実行出来たのに。macOS のソフトウェアをアップルストア以外で配布するのが難しくなって来ている気がする。

インストールした結果

1.0.5で問題だった "E-Corder" , "Radio Macro" , "Radio Spot" , "Radio Sync" それぞれ、ざっと見た感じでは動いている。(エラーは出ていない)今回はリリースノートもちゃんと載っていて内容を要約するとこんな感じ。

新機能

Linuxユーザ向けに、tty0tty COMポートのアクセスルールを自動的に追加するスクリプトを追加。
  ExpertSDR3のインストール中に、仮想tty0ttyポートのアクセスルールを追加するように要求される。
・ アクセスルールは、PC再起動後に有効になり、ExpertSDR3を含むサードパーティソフトウェアによってポートが正しく開かれるようになる。
・ ExpertSDR3を含むサードパーティソフトウェアによって正しく開かれる。
・ 新しいTCIプロトコル1.10に対応した。
・ ExpertSDR3/RadioSync/RadioMacros/RadioSpot の新機能: 通知を無効にする。

取りあえず使えそう

メインで使う "JTDX" , "RumlogNG", が今の所正常に動いている為このまま使う事にした。何か状況が変わればまた、書きます

追伸

上記の事をEE社のフォーラムに書いたらEE社:Romeさんから速攻で投稿があって、「今あるファイルを消してもう一度DLして試して」とのメッセージ。確かにmacでDLしても旨く行った。新しいファイルのタイムスタンプを見ると、最初にDLした時刻より後なので修正されたのかも。取りあえずお騒がせしました。

ExpertSDR3 Xmas Release ちょっと延期か?

HPのリリース予定では

EE社のHPでの予告ではESDR3 V1 Final Version は今日(2023/12/25)にリリースするとの記述があったが、今現在(2023/12/25 21:30 JST)に記述が変更されており、新たな予定として " ExpertSDR3 1.0 Final - May 2024 " となっている。この件についてFBで詳細な記述があったので共有しておこうと思う。

FBに記述されている事の要約
  1. 2021年以降、スタッフは倍以上になり、 若手学院の卒業生を加えてプログラマーのチームを拡大した。 1年間のインターンシップの後、彼らの最初の成功は、この秋に公開したRadioSyncとRadioMacrosのユーティリティになる。
  2. 2023年の後半には、ロシアでのトランシーバー生産を本格的にローカライズするために、フライスと金属加工能力を拡大し始めた。 国内機器の需要が高まり、海外からの物流がますます信頼できなくなってきている今日(今年11月に遭遇した)。 現在、私たちは金属加工、レーザー、ラザー、等の高級フライスセンター(CNCマシン)を処分している。 これらの生産施設は、3Dモデルからシリアル製品への経路を短縮することで、開発プロセスをスピードアップすることが出来る。
  3. SDR3への新ファームウェアの実装は2024年4月中に行われ、それぞれ新しいファームウェアを搭載したExperetSDR3のリリースは2024年5月に延期される。 ERS用サーバーおよびクライアントSWのさらなる開発は、2024年夏に移行された。 バグ修正を備えた新しいExpertSDR3が12月29日にリリースされる。現在作業中。
  4. duplexは新しいファームウェアがもたらす多くの機能のうちの一つに過ぎないことに注意すべきだ。 例えば、私たちはすでにDHCPネットプロトコルを実装しており、ネットワークにおけるトランシーバー操作を大幅に簡素化している。 これに加えて、特定の重要なチップのハードウェアの誤動作を自動的にユーザーに知らせるサービス機能を追加した。 他のイノベーションの中では:
    • 受信範囲最大800MHz(SS2DX/PRO/MB1)まで延長;
    • ALC;     ファームウェア構造、プログラムとトランシーバーの操作における既存の欠陥を排除する。

5月のリリース前に、GitHubで公開されたバグレポートを再度チェックする。このプログラムのバージョンは、新しいファームウェアとバグなしのファイナルバージョン1.0になる。 最後まで読んでくれたみんな、ありがとう。一緒にいてくれてありがとう! Expert Electronics Teamは、皆さんにメリークリスマスと新年あけましておめでとう! 73!

色々楽しみ

取りあえず12/29に何かリリースされる様なのでこれはこれで楽しみ。最終が来年5月との事でこれも首を長くして待つ事になると思う。頑張れEE社!!

Elecraft K2 降臨!

経緯

12/11に落札した Elecraft K2 だが、ようやく今日(12/23)に到着した。(思ったより早かった)シャックの整理をしないと実戦装備出来ないのでともあれ到着報告まで。

到着した品々

機器の状態

幾つか写真を貼っておくが、総じて綺麗な個体で、前オーナーが大事に使われていた事が垣間見える。マニュアル類も全て揃っていてこれも安心の一因となる。前にも書いたがこう言った入手はまさしく巡り会わせ何だよなあ〜と改めて実感する。この個体に実装されているオプションは、"SSB Unit KSB2" , "160m Unit K160RX", "ノイズブランカ KNB2", "DSP Filter & Real Time Unit KDSP2" の4種類。これは結構当たりかも!

本体 正面から見た
背面からみた
オプション基板のマニュアル
通電報告は少し後で。

楽しみ

最近、FT8にかまけてCWの受信能力回復がおくれている。K2取得を機会に何とかせねば・・・と思っている今日この頃です。

買ってしまった. . . . .Elecraft K2

事の始まり

現在はメインリグとしてEE社の SunSDR2DX をFT8専用で使っている。幸い動作も安定しており、これと言った不満はない。ただ、FT8で使っている分には申し分無いのだがCWで使おうとするとやはり、ロータリーエンコーダーだけでは使いづらい。これは今まで書いたかどうか忘れたが、私は病が原因で声が出ない。なのでFT8専門なのだが、元々はCWが好きで若い頃はむしろCWメインでオンエアしていたくらいだ。で、CW用の無線機を物色していた訳なのだが、I社?, Y社? と検討していたがどうもしっくりこなかった。

出会ってしまった

この夏のハムフェアでこのブログで知り合ったOMさんとアイボール出来たのだが、このOM氏が何か凄い人。今は無きEDC社の木下さんのお知り合いで、当然 SunSDR2DX のユーザーだった & エレクラフト社のトランシーバー:K2 のユーザーさんでもあって、当日K2実物をお持ち頂いて拝見する事が出来た。かのOM氏曰く ”時代的には大分前にはなるがノイズフロアが小さい事、CW運用に適した設計で有ることが素晴らしく、自分はメインリグとして今でも使っている” との事。この時は ”良いなあ〜”位にしか思わなかったが、後日調べてみるとEDC社が無くなった影響でエレクラフト社の国内代理店が無くなっている事と、そもそも K2 自体が販売終了している事が分かった。

それから

その後、e-bye 等の海外サイトでエレクラフト社の製品を眺めていたのだが、円安の影響で高価なのと、意外にK2とK3で価格差が小さい事が分かった。K2でも総額(送料、タックス含む)で30万近い額なので ”ちょっと無理かな?”と言う感じで静観していた。でもまあオークションで出物でも有ればと、"Elecraft" をキーワードに出品アラートを登録したのが、9月くらいだったと思う。

出た〜〜

それから、特に何の変化も無く時間が過ぎていたのだが、12/09にヤフオクから ”出品が有りました” とのメール受信。それがこれ

出品されていた K2
出品者のコメントはこれ

This is a K2 that is in beautiful condition. No problems works 100%. Comes with manuals, new Kenwood MC-43S microphone, Anderson power cord, RS-232 IO, KSB2 module, KNB2, KDSP2, K160RX. I also have the K2/10 top lid cover with speaker. It does not come with the Yaesu FT101Zd tuning knob shown in one picture but only the standard K2 knob. Free shipping CONUS only fully insured

即決扱いのみ、税込み ¥225,329  クーポンで -5000円、PayPay ポイントで -2200円 実際に掛かった費用は ¥218,129 となった。付属のオプションにしては安価だと思うし、こう言った出物は欲しい時が買い時なので思い切って ”ポチッ”した次第。(今までも迷っているうちに先を越された経験があるので)到着が楽しみでその前に変更申請書類作って到着したらスプリアス測定して申請するつもり。(この当たりも書きます) 乞うご期待。

修正

件の某OMからの指摘で再確認したら、オプションで幾つか販売停止している物もあるが、K2本体は販売継続中との事が確認出来た。修正してお詫び申し上げます。